XF

シリーズ/TRANSFER
バリエーション/スタンダード

滑り手の意図したパワーを正確にスノーボードに伝える。TRANSFER(トランスファー)シリーズはそのために開発されています。

TRANSFERシリーズが目指したコンセプトは、主にベースプレートによって実現されています。力をむだなく伝えるため、スノーボードに広い面積で接するようにデザイン。そのしっかりした乗り心地は、例えて言うならスポーツカーのサスペンションです。スピードが出ても安心して踏んでいける、急激な動作も余裕を持って受け止めるといったライドフィールは、中上級の滑り手たちから高い評価を集めています。

ベースプレート裏面はフラットで幅広。バインディングにかけられたパワーを、効率よくスノーボードに伝えることを重視している。

力のかかる拇指球とかかと部分はパワーを受け止める頑丈な作りにしながら、他の部分はシステマチックに軽量化。ベースプレートから、強さと軽さの両立を目指した。

このTRANSFERシリーズの中にあって、標準的な位置に据えられているのがXFです。

XFはTRANSFERシリーズのコンセプトを忠実に形に落とし込んだ。

XFでは、レスポンスの良さと粘りのある操作感を両立させるためにRETRO-MOD(レトロモッド)と呼ばれるハイバックを採用しています。

粘りのある樹脂素材を使用し、強さが求められる部分は形状で対応。結果的に、しなやかに動きながら荷重をがっしり受け止めるパワフルな特性を獲得している。

また操作感を大きく左右するフッドベッドは優れたクッション性と余計な雪がつきにくい仕上げがあたえられ、スノーボードからのフィードバックを捉えやすくすることを狙いました。

雪がつきにくいことでも好評。「FOOTON(フットオン)」と名付けられたクッション材は、適度な厚みとすることで、柔らかさとレスポンスの良さを見事にバランス。スノーボードという海外由来の遊びを日本人の足に合わせるというFluxの理念を込めて、フッドベッドに「布団」の音をさりげなく漂わせる。

TRANSFERシリーズでは的確なパワー伝達のため、アンクルストラップにはすべて「Waffle Strap(ワッフルストラップ)」が採用されています。強い力にも耐えてほとんど伸びがなく、適度な柔らかさを備えることでフィット性にも優れています。

前述したようにカッチリした手応えを目指したTRANSFERシリーズですが、FLUX BINDINGSではカッチリすることと固定されることはまったく別物だと考えています。あくまでもバインディングの中で、足首は自由に動かせるべき。だからこそ、低温下でも硬くなりにくい素材を使い、どんな方向に力がかかってもしなやかに包み込みながらも極上のホールド感を発揮するよう、機能的なデザインを採用しています。

伸びが少なく、しなやかによく曲がる。ブーツへの形状追従に優れたストラップは、バインディングの装着感を飛躍的に向上させた。

このTRANSFERシリーズに標準採用されている「Beer Buckle(ビアバックル)」の、軽快な追従性にも触れておきましょう。多くのブランドのバックルよりもリンク機構を一つ増やすことで、バックル自体が足首の動きに対応。結果的にアンクルストラップのホールド力とフィット性、そして何よりもパワー伝達効率を大幅にアップさせることに繋がりました。

気をつけてみなければわからないが、バックルのストラップを受け止めるパーツに小さなリンクが設けられている。このことでアジャスターベルトとアンクルストラップが独立した動きに対応。エッジの切り返しやジャンプの着地でのリカバリーなど、一瞬の動作にも鋭く反応する抜群のフィット性を発揮する。なお、バックルは実際にビールの栓抜きとしても使用できる。こうしたさりげない遊び心もFluxならでは。

また、アンクルストラップの取り付け位置を工夫することで、足首を360度取り囲むようにホールド。いっそう心地よい、一体感に満ちた装着感を叶えることに成功しています。

「UU Fit(ユーユー フィット)」では、アンクルストラップをハイバックの外側で固定。アンクルストラップを締めることでハイバックとストラップの両方で足首をホールドする。このためハイバックがブーツの動きをフォロー。フィット感とレスポンスを同時に向上させている。

この他、ブーツのつま先を包み込むような「FTM ver, 5.0(エフティーエム バージョン ファイブ)」によるレスポンスの向上など、あらゆるパーツはスポーティーで確実な操作感を滑り手に与えるために選びぬかれています。

もちろんこうしたバインディングですから、高速フリーライディングを望むライダーにこそ使っていただきたいと思っています。が、実はスポーティーでシュアな操作感はパークライダーの間でも好評。つまりハイスピードのまま、わずかな操作できっちりコントロールしていきたい。そんな自分の滑りの形が思い描ける人にこそ、このハイレスポンスな爽快感を味わっていただきたいと思っています。

XF製品情報を見る

PHOTO&WRITE:林 拓郎

スノーボードやアウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。
滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。